用語集

エンプロイー・エクスペリエンス

読み:えんぷろいー・えくすぺりえんす

エンプロイー・エクスペリエンスとは「EX(Employee Experience)」のことで、一般的には「従業員体験」と訳されます。具体的には従業員が企業や組織で体験する経験価値を表す概念で、求職活動から退職に至るまでのすべてのプロセスにおける体験です。
また、人事部の部署名がエンプロイー・エクスペリエンスに変更される事例もみられます。部署名としての「エンプロイー・エクスペリエンス」は、従業員体験の向上を目指して職場環境を整えることやマネジメントを行うことだと考えられます。

エンプロイー・エクスペリエンスが注目される背景として、働く側の意識変容などがあるでしょう。ワークライフバランスの実現やキャリア自律、パラレルキャリアの普及など、企業に依存しない働き方が台頭してきています。また、企業の生産性を高めるためには、従業員一人ひとりが意欲的に働ける場を作ることが重要とされています。
エンプロイー・エクスペリエンスを高めることによって多様な人材から選ばれる企業になると同時に、個々の人材の意欲向上も期待できるのです。
経済産業省の人的資本経営に関わる勉強会や検討会においてもエンプロイー・エクスペリエンスの促進は重要要素として取り上げられています。

関連用語

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)
健康経営に関する講演・研修の講師をお探しなら「Bring.」
女性活躍推進
福利厚生

人気記事

カテゴライズ

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回

人気のタグ