用語集

エンゲージメントサーベイ

読み:えんげーじめんとさーべい

一般的にエンゲージメントサーベイとはエンゲージメントを測定することで、組織の状態を測定する組織サーベイ(調査)のひとつです。なお、調査そのものではなく、調査ツールを指すこともあります。
代表的な組織サーベイには従業員満足度調査がありますが、これは自社の待遇や制度、就労条件などにたいする従業員の満足度を調査するものです。一方でエンゲージメントサーベイは企業と従業員間の信頼関係や従業員が企業へ持つ愛着などを調査するものだとされます。調査方法は、企業側の用意した質問に従業員が匿名で回答する、という形式が一般的です。

エンゲージメントサーベイは大きくセンサスサーベイとパルスサーベイ に分けられます。センサスサーベイは年に1回程度、多くの質問をすることで、多角的にエンゲージメントの状況を調査するものです。パルスサーベイは、週1回や月1回などの短いサイクルで定期的に調査を行います。調査頻度が多い分、毎回の質問数は低く抑えられます。

厚生労働省によると、「働きがい(エンゲージメント)の向上は定着率向上、働く方のストレス・疲労感、労働生産性、顧客満足度等が改善する可能性 がある」としています。これらの効果を鑑みるとエンゲージメント向上施策の重要度が増しているといえます。エンゲージメントサーベイは組織の状態を客観的に把握するのに役立つとされ、注目を集めています。


関連用語

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)
健康経営に関する講演・研修の講師をお探しなら「Bring.」
女性活躍推進
福利厚生

人気記事

カテゴライズ

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回

人気のタグ