ESG

読み:いーえすじー

twitter facebook はてなブックマーク

ESGとは「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(ガバナンスまたは統治)」の3つの要素を指す言葉です。企業が長期的な視点の下で、持続的に価値を高めたり、成長したりするために、ESGに配慮した経営を行う必要性が高まっています。

ESGの各要因はさまざまで、時代とともに変化しています。一例として、「Environment(環境)」は気候変動や資源の枯渇などの問題、「Social(社会)」は人権問題や健康問題、貧困問題など、「Governance(ガバナンス)」は贈賄腐敗など不祥事の防止や、取締役会の多様性、独立性、役員報酬の有効性、財務戦略などが該当します。

企業の価値観やビジネスモデル・リスク・戦略等を、ESGの要素を踏まえて統合的に考え、示していくことは、長期的なリスクマネジメントや、企業の新たな収益創出の機会につながると考えられます。このことから、投資家が企業を評価する際にESGを考慮する「ESG投資」への注目も高まっています。

日本においては、投資にESGの視点を組み入れることなどを原則として掲げる「PRI(国連責任投資原則)」に、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2015年に署名したことで、ESG投資への関心が高まりました。

企業は、ESGに配慮した経営を行うこととあわせて、ESGに関する情報を幅広く開示し、投資家と対話していくことが求められます。

関連用語

「ESG」に関する記事

銀行の外観2022.09.20

サステナブルファイナンスによる金融活動の変化 企業の資金調達への影響も

サステナブルファイナンスとは何か、私たちにどうかかわってくるのか?ライフプラン応援事務所代表でファイナンシャルプランナーの横山晴美さんが解説します。気候変動や経済格差などの社会課題が地球規模で注目されるなか、サステナブルファイナンスの動きも拡大しています。サステナブルファイナンスによる金融活動の変化と、企業への影響について見てみましょう。

窓際で常緑樹を背にこちらを見つめる長い黒髪ミドルエイジの女性2021.12.23

日本医療政策機構今村さんに聞く。「女性の健康」を力強く支える、一歩先ゆく健康経営企業の取り組み事例とは?

健康経営の課題のひとつ「女性の健康」。悩む経営者に多く助言してきた日本医療政策機構マネージャー今村優子さんが実際に企業で行われている取り組み事例を解説。日本医療政策機構では、さまざまな健康にまつわる調査を行い、国会議員や関連省庁、企業、研究機関、民間企業等に提言を行っています。

大きな窓の会議室で健康経営の資料を広げる4人の若い男女2021.10.07

「健康経営銘柄」とは?2021年・2022年選定基準やそのメリット・デメリット

3月9日健康経営銘柄2022発表の全法人一覧リンクを追加。2021年における健康経営銘柄の選定基準や2022年概要、メリット・デメリット、事例についてFPの横山晴美さんが解説。健康経営銘柄とは東京証券取引所の上場企業のうち、健康経営を実践し、それを積極的に発信、体制づくりを組織的に構築する企業として選定された銘柄。選定企業は健康経営をけん引する役割を担い、選定の有無は人材採用や株式市場の評価にも影響します。

本社の窓際に立つレオス・キャピタルワークス株式会社 株式戦略部 シニア・ファンドマネージャー2021.09.13

ESG投資と健康経営、見えない資産が企業価値になる時代 レオス・キャピタルワークス 八尾尚志さん解説

なぜ企業が健康経営やESGを考慮して行動しなければならなくなったのか、ESG投資に詳しく2021年に運用資産残高が1兆円を超えた資産運用会社レオス・キャピタルワークスの八尾尚志シニアファンドマネージャーが解説。ESGがどう企業の利益になるのか、SDGsとESGの違いについても説明します。

新着記事