ISO30414

読み:あいえすおーさんぜろよんいちよん

twitter facebook はてなブックマーク

ISO30414とは、2018年に策定された人的資本マネジメントに関する情報開示の指標です。

ISO30414を定めたISO(International Organization for Standardization)は「国際標準化機構」とも呼ばれる非政府機関で、製品の品質・性能・安全性や、マネジメントシステムについての国際的な基準を制定し、規格統一を図っています。ISO30414は、ISOで定められた数多くの国際基準のうちのひとつです。

ISO30414が定めている指標は、コンプライアンスや生産性、リーダーシップ、組織文化、多様性、後継者計画など幅広い領域にわたります。

人的資本とは、人材を企業の資本として捉えたものです。近年、人材の価値を最大限引き出すことで中長期的な企業価値向上につなげる経営のあり方を指す「人的資本経営」が注目されています。また、投資家が企業を評価する際にも、企業の人材戦略に注視する動きが見られます。東京証券取引所が定めているコーポレートガバナンス・コードにおいては、上場企業は人的資本への投資等に関する情報を適切に開示・提供すべきであると明記されています。

人的資本マネジメントに関する情報開示は、ESGのうち「Governance(ガバナンス)」とも関連する要素です。ESGの視点を投資判断に組み入れるESG投資が注目されるなか、国内や海外の投資家への情報開示の枠組みとしてもISO30414の重要性はますます高まると考えられます。

関連用語

新着記事