健康経営銘柄

読み:けんこうけいえいめいがら

twitter facebook はてなブックマーク

東京証券取引所の上場会社のなかから「健康経営」に優れた企業を選定したのが「健康経営銘柄」です。

選定は、経済産業省と東京証券取引所が所定の条件のもと行います。

まず、経済産業省が「健康経営が経営理念・方針に位置づけられているか」「健康経営に取り組むための組織体制が構築されているか」などの観点から「健康経営」に優れた企業を候補として選出します。そして、東京証券取引所がROE(自己資本利益率)や社外への情報開示の状況などを評価した「財務指標スクリーニング」を実施し、最終的に健康経営銘柄に選定されます。33業種から選ばれ、それぞれ1社の選定が原則ですが、近年は同じ業種から複数社選ばれることもあります。

「健康経営」を行うことで長期的に企業イメージ向上・生産性向上・従業員医療費減少により企業価値の向上が見込まれます。そのような企業を健康経営銘柄として選定することで、投資家と、優れた健康経営を実施する(長期的に企業価値の向上が見込まれる)企業を結びつけることができます。それにより、健康経営への取り組みがより評価される環境を整備し、健康経営の裾野の拡大を図っています。

関連用語

「健康経営銘柄」に関する記事

健康経営銘柄2022を祝うイメージの富士と菜の花2022.03.09

健康経営銘柄2022 選定法人発表!

2022年3月9日、経済産業省と東京証券取引所が「健康経営銘柄2022」として選定発表した50の企業、全法人リストを掲載。健康経営銘柄とは、東京証券取引所の1部・2部上場企業(※TOKYO PRO Marketを除く)の中で、経済産業省が行う「健康経営度調査」に参加して回答し、特に優れていると認められ、なおかつ東証による財務指標スクリーニングで要件を満たした企業です…

2022年 健康経営優良法人 認定企業発表(全リストPDFあり)2022.03.09

2022年 健康経営優良法人 認定企業発表!(経済産業省公開全リストPDFあり)

2022年3月9日、日本健康会議が「健康経営優良法人2022」として、大規模法人部門に2,299法人(上位法人には「ホワイト500」の冠を付加する)、中小規模法人部門に12,255法人(上位法人には「ブライト500」の冠を付加する)を認定し、経済産業省と共に発表しました。全法人リストがダウンロードできます。

画像: 健康経営に取り組み笑顔でジャンプする4人の男女2021.11.02

【2022年版】健康経営優良法人とは?概要・認定要件・事例から長所と短所を解説

3月9日健康経営優良法人2022発表の全法人一覧リンクを追加。良質な健康経営を実施する企業として、日本健康会議が認定し経済産業省と共に公表する健康経営優良法人制度とは何か?概要や2022年の認定要件・認定のスケジュール、2021年における認定企業の事例をAFPでライフプラン応援事務所代表の横山晴美さんが解説。

大きな窓の会議室で健康経営の資料を広げる4人の若い男女2021.10.07

「健康経営銘柄」とは?2021年・2022年選定基準やそのメリット・デメリット

3月9日健康経営銘柄2022発表の全法人一覧リンクを追加。2021年における健康経営銘柄の選定基準や2022年概要、メリット・デメリット、事例についてFPの横山晴美さんが解説。健康経営銘柄とは東京証券取引所の上場企業のうち、健康経営を実践し、それを積極的に発信、体制づくりを組織的に構築する企業として選定された銘柄。選定企業は健康経営をけん引する役割を担い、選定の有無は人材採用や株式市場の評価にも影響します。

新着記事