健康経営

読み:けんこうけいえい

twitter facebook はてなブックマーク

「健康経営」とは、企業などが従業員の健康保持・増進の取組は、将来的に収益性等を高める投資であるとの考えの下、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することです。具体的な取り組みは、健康投資と言い、従業員への保健指導や生活習慣病への対策、メンタルヘルス対策、感染症対策など多岐にわたります。企業理念に基づいてこれらの健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等、組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながることが期待されます。

健康経営は、政府の「日本再興戦略」「未来投資戦略」に位置づけられた「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みのひとつで、経済産業省が推進しています。日本において生産年齢人口の減少、医療・介護費をはじめとした社会保障費の増大といった課題が生じているなか、政府は「国民の健康寿命が延伸する社会」の構築を目指しています。企業による健康投資は、その一助になる施策であり、社会的な意義も大きいといえます。

従業員の生活習慣病の改善や受診勧奨など、現役世代である従業員に対する健康投資を行うことで、企業としては疾病による生産性低下や活力低下を回避できます。さらに、その後の高齢期の健康維持にもつながり、従業員の退職後の人生を豊かにすることにも寄与します。

関連用語

「健康経営」に関する記事

2022.05.10

ファイザー健康保険組合に学ぶ健康経営成功事例、アフターコロナも企業と健保組合が手を取り合うべき理由

単独直接取材。世界的に有名な製薬企業ファイザー社健保組合の小川常務理事が、同社の健康経営取組の成功事例複数と、使ったアプリやデバイス、改善数値などを解説。従業員のモチベーションが上がった例や、健康保険組合の存在意義を熱く語る。

2022.05.06

5月病とは?うつ気味な社員の5月病対策について

異動や就職後の新しい環境や、4月からの疲れが出てうつ気味になる5月病。臨床心理士・精神保健福祉士であり、EAP(従業員支援プログラム)や心療内科でカウンセリングを担当してきた大久保ゆうこさんがその原因や予防策をはじめ、5月病と思われる人への対応方法などについて解説します。

2022.04.26

介護デイサービス×サッカーチームの異色タッグ、ダブルワークで実現

介護施設とサッカーチームのダブルジョブ。地域でサッカーコーチをしつつ、介護職として活躍する春田さんは、2つの業界で自己実現しながら、自分の収入や生活基盤も確保している。新しい世代の新しい働き方を直接取材。

4/27(水)13:00~14:30開催セミナー 製造業 経営層・人事部様限定 従業員の再就職支援をお考えの法人さま 『転籍出向という新しい選択肢』2022.04.06

【4月27日開催】再就職支援・リストラよりも『転籍出向』を。ジャパンディスプレイなど数々の経営再編の修羅場を経験された講師が現場の選択肢を語る無料セミナー【開催終了】

【開催終了いたしました】従業員の再就職支援を検討中の企業の皆さまに、着手金が要らず一般的な再就職支援会社より利用しやすい、新たな選択肢を知って頂くためのセミナーを実施致します。

新着記事