健康経営優良法人中小規模法人部門

読み:けんこうけいえいゆうりょうほうじん ちゅうしょうきぼほうじんぶもん

twitter facebook はてなブックマーク

健康経営に取り組む優良な法人を顕彰する「健康経営優良法人認定制度」における区分の一つ「中小規模法人部門」は、従業員数や資本金(または出資金)額が一定基準までの企業等が対象です。基準は、業種や法人分類によって異なります。

健康経営優良法人認定を受けた法人のうち、「中小規模法人部門」の中でさらに上位500法人として認められた法人は、特別に「ブライト500」と呼ばれます。

健康経営を全国に浸透させるには、中小企業における取り組みを広げることが不可欠です。そのため、健康経営優良法人の中小規模法人部門には、企業ごとの健康課題に応じた取り組みを実践し、地域における健康経営の拡大のために、その取り組み事例の発信等をする役割が求められます。本制度は、個社に合った優良な取り組みを実施する中小企業等を積極的に認定することで、健康経営のすそ野を広げる狙いがあります。

健康経営優良法人として認定を受けるには申請が必要です。また、申請する前に、自社が加入している保険者(協会けんぽ、健康保険組合連合会、国保組合など)が実施する健康宣言事業に参加したうえで、健康宣言を行う必要があります。健康宣言とは、従業員の健康づくりに取り組むことを、企業自らが宣言することです。例えば「従業員の健康課題の把握と必要な対策の検討を行うこと」や「従業員の健康増進・生活習慣病予防、感染症予防、過重労働、メンタルヘルス等への具体的な対策を実施すること」そしてそれを社内外に発信することなどが該当します。

なお、加入している保険者が健康宣言事業を実施していない場合は、各自治体が実施する健康宣言事業へ参加することで代替可能です。また、保険者と自治体がどちらも健康宣言事業を実施していない場合は、自社独自の健康宣言を実施することで代替できます。

関連用語

新着記事