用語集

サバティカル休暇

読み:さばてぃかるきゅうか

サバティカル休暇は、一定の勤続年数に達した従業員に対して、企業が提供する長期休暇のひとつです。サバティカル休暇の期間は、数ヵ月から1年程度が一般的です。その期間中、従業員は新たなスキルの習得や趣味への没頭、旅行、ボランティア活動、研究など、自由に過ごすことができます。

この制度を導入する企業の目的は、従業員が職業から一時的に距離を置くことでストレスを解消し、新しい視点やアイディアを得ることです。また、従業員が自己成長を遂げ、より能力を高めることで企業全体の成長にも寄与するとされます。
ただし、長期間の休暇となるため、給与の支払いや従業員の配置変更、休暇後の復帰時の待遇など、企業と従業員両方における課題も存在するため、きちんとしたルールづくりや体制整備が必要とされます。

【参照】

関連用語

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)
「健康経営」に関する講演・研修の講師をお探しならBring.
Bring. YouTubeチャンネル
女性活躍推進
福利厚生

人気記事

カテゴライズ

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回

人気のタグ