SDGs

読み:えすでぃーじーず

twitter facebook はてなブックマーク

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための国際目標です。17のゴールと、その下に169のターゲットが決められており、2015年9月の国連サミットにて、全会一致で採択され「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されています。「誰一人取り残さない」ことを誓い、持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現を目指しています。

SDGsは、先進国や発展途上国に関わらず地球規模で取り組むべき目標です。日本では、2016年に総理を本部長、官房長官・外務大臣を副本部長、全閣僚を構成員とした「SDGs推進本部」を設置。その後、民間セクターやNGOなどのさまざまなステークホルダーによって構成される「SDGs推進円卓会議」での意見交換などを経て、政府の施策のうち重点項目を整理した「SDGsアクションプラン」を毎年策定し、SDGsへの取り組みを推進しています。

政府や自治体だけでなく、企業においてもSDGsの取り組みは重要視されています。SDGsに取り組むことは、企業の経営リスクを回避するとともに、新たなビジネスチャンスを獲得することにつながるためです。また、今後はSDGsへの対応が資金調達やビジネスにおける取引条件になる可能性もあるといわれています。官民一体となってSDGsに取り組むことが求められています。

関連用語

「SDGs」に関する記事

2022.05.10

ファイザー健康保険組合に学ぶ健康経営成功事例、アフターコロナも企業と健保組合が手を取り合うべき理由

単独直接取材。世界的に有名な製薬企業ファイザー社健保組合の小川常務理事が、同社の健康経営取組の成功事例複数と、使ったアプリやデバイス、改善数値などを解説。従業員のモチベーションが上がった例や、健康保険組合の存在意義を熱く語る。

窓際で常緑樹を背にこちらを見つめる長い黒髪ミドルエイジの女性2021.12.23

日本医療政策機構今村さんに聞く。「女性の健康」を力強く支える、一歩先ゆく健康経営企業の取り組み事例とは?

健康経営の課題のひとつ「女性の健康」。悩む経営者に多く助言してきた日本医療政策機構マネージャー今村優子さんが実際に企業で行われている取り組み事例を解説。日本医療政策機構では、さまざまな健康にまつわる調査を行い、国会議員や関連省庁、企業、研究機関、民間企業等に提言を行っています。

大きな窓の会議室で健康経営の資料を広げる4人の若い男女2021.10.07

「健康経営銘柄」とは?2021年・2022年選定基準やそのメリット・デメリット

3月9日健康経営銘柄2022発表の全法人一覧リンクを追加。2021年における健康経営銘柄の選定基準や2022年概要、メリット・デメリット、事例についてFPの横山晴美さんが解説。健康経営銘柄とは東京証券取引所の上場企業のうち、健康経営を実践し、それを積極的に発信、体制づくりを組織的に構築する企業として選定された銘柄。選定企業は健康経営をけん引する役割を担い、選定の有無は人材採用や株式市場の評価にも影響します。

本社の窓際に立つレオス・キャピタルワークス株式会社 株式戦略部 シニア・ファンドマネージャー2021.09.13

ESG投資と健康経営、見えない資産が企業価値になる時代 レオス・キャピタルワークス 八尾尚志さん解説

なぜ企業が健康経営やESGを考慮して行動しなければならなくなったのか、ESG投資に詳しく2021年に運用資産残高が1兆円を超えた資産運用会社レオス・キャピタルワークスの八尾尚志シニアファンドマネージャーが解説。ESGがどう企業の利益になるのか、SDGsとESGの違いについても説明します。

新着記事