#投資

ナレッジ

老後の資産形成iDeCo(イデコ)【実践編】 FPが初心者向けに商品の特徴・おすすめ証券会社からわかりやすく解説

老後の資産形成に役立つiDeCo(イデコ)について、始める手順や節税効果、商品の特徴、運用方法などをファイナンシャルプランナーの斎藤 勇さんが解説。後編の今回は、iDeCo【実践編】として、iDeCoのおすすめ商品や選び方、よく使われる証券会社など、年金投資を始めた人がステップアップするためのポイントをご紹介します。

ナレッジ

老後の資産形成で始めたいiDeCo(イデコ)【基本編】 FPがメリット・デメリットなど仕組みを解説

老後の資産形成に役立つiDeCo(イデコ)について、始める手順や節税効果、商品の特徴、運用方法などをファイナンシャルプランナーの斎藤 勇さんが解説。今回イデコ【基本編】では、iDeCo(イデコ)の仕組みやメリット・デメリットなど、次回の実践編では実際に使える証券会社などをご紹介。

画像: 健康経営に取り組み笑顔でジャンプする4人の男女
ナレッジ

【2022年版】健康経営優良法人とは?概要・認定要件・事例から長所と短所を解説

3月9日健康経営優良法人2022発表の全法人一覧リンクを追加。良質な健康経営を実施する企業として、日本健康会議が認定し経済産業省と共に公表する健康経営優良法人制度とは何か?概要や2022年の認定要件・認定のスケジュール、2021年における認定企業の事例をAFPでライフプラン応援事務所代表の横山晴美さんが解説。

大きな窓の会議室で健康経営の資料を広げる4人の若い男女
ナレッジ

「健康経営銘柄」とは?2021年・2022年選定基準やそのメリット・デメリット

3月9日健康経営銘柄2022発表の全法人一覧リンクを追加。2021年における健康経営銘柄の選定基準や2022年概要、メリット・デメリット、事例についてFPの横山晴美さんが解説。健康経営銘柄とは東京証券取引所の上場企業のうち、健康経営を実践し、それを積極的に発信、体制づくりを組織的に構築する企業として選定された銘柄。選定企業は健康経営をけん引する役割を担い、選定の有無は人材採用や株式市場の評価にも影響します。

本社の窓際に立つレオス・キャピタルワークス株式会社 株式戦略部 シニア・ファンドマネージャー
フォーカス

ESG投資と健康経営、見えない資産が企業価値になる時代 レオス・キャピタルワークス 八尾尚志さん解説

なぜ企業が健康経営やESGを考慮して行動しなければならなくなったのか、ESG投資に詳しく2021年に運用資産残高が1兆円を超えた資産運用会社レオス・キャピタルワークスの八尾尚志シニアファンドマネージャーが解説。ESGがどう企業の利益になるのか、SDGsとESGの違いについても説明します。