転籍出向

読み:てんせきしゅっこう

twitter facebook はてなブックマーク

出向というと通常は「在籍出向」を指しますが、いわゆる「転籍出向」というサービスも登場しています。労働者が出向元企業との雇用契約を終了して、出向先企業と新たに雇用契約を結ぶ形態を指し、「移籍出向」と呼ばれることもあります。転籍先の企業へ転職するのとほぼ同義です。

転籍出向は、出向といっても在籍出向のように期間の定めはなく、元の職場に戻ることがないという違いがあります。

出向元企業との雇用契約を終了するため、給料や勤務形態などについては、事前に取り決めがない限り出向先の就業規則が適用されます。労働者が転籍出向に納得できるよう、出向元・出向先企業と労働者間での相談・交渉を丁寧におこなうことが望ましいです。

また、退職金の扱いや、年次有給休暇やボーナスを算定する際に出向元(転籍前の勤め先)での勤続年数も考慮されるのかについては、トラブルになりやすい事項であるため、事前に取り決めておく必要があります。

関連用語

「転籍出向」に関する記事

4/27(水)13:00~14:30開催セミナー 製造業 経営層・人事部様限定 従業員の再就職支援をお考えの法人さま 『転籍出向という新しい選択肢』2022.04.06

【4月27日開催】再就職支援・リストラよりも『転籍出向』を。ジャパンディスプレイなど数々の経営再編の修羅場を経験された講師が現場の選択肢を語る無料セミナー【開催終了】

【開催終了いたしました】従業員の再就職支援を検討中の企業の皆さまに、着手金が要らず一般的な再就職支援会社より利用しやすい、新たな選択肢を知って頂くためのセミナーを実施致します。

新着記事