用語集

ウェルビーイング経営

読み:うぇるびーいんぐけいえい

ウェルビーイング経営とは、「従業員が肉体的・精神的・社会的に満たされている環境を社内に構築する経営手法」とされ、世界保健機関(WHO)憲章において、健康の定義として使用されたウェルビーイング(well-being)が由来といわれています。
 

日本における健康に関する取り組みといえば「人という資源を資本化し、企業が成長することで社会の発展に寄与すること」という考え方に基づいた健康経営が浸透していますが、これは「社会的にも満たされた状態」を目指すウェルビーイングと共通しています。いずれも、目指すゴールに違いはなく、健康経営を推進する中でウェルビーイングを重点的に取り組むかどうかを判断していくと、より良い経営手法となることが期待できるのです。

 

なお、ウェルビーイング経営は、従業員一人ひとりの仕事への意欲やエンゲージメントを高める手法で、企業に関わるすべての人の幸せを目指す経営も意味しています。健康経営や働き方改革が推進されている中、その先にある従業員を筆頭としたさまざまな人の幸福に焦点をあてているのです。
そのため、ウェルビーイング経営は、自社の利益を追求するだけではなく、経営に関わるすべての人の幸せを追求する点が、新しい経営の在り方といえます。

 

【おすすめ参考記事】

 

【参照】

関連用語

「ウェルビーイング経営」に関する記事

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)
健康経営に関する講演・研修の講師をお探しなら「Bring.」
女性活躍推進
福利厚生

人気記事

カテゴライズ

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回

人気のタグ