用語集

組織活性化

読み:そしきかっせいか

組織活性化とは「企業などの組織に属する従業員が企業の理念や方針に共感・理解を示し、目標達成に向かって主体的に取り組む」「組織内のコミュニケーションが活発で、チームワークが発揮できている」ことです。
 

組織活性化は、従業員が一丸となって目標に主体的に取り組むことであるため、ただメンバー同士の仲が良い状態や一部の従業員だけが業務に主体的な状態だけでは組織活性化にはあてはまりません。組織が活性化することで、主体的な従業員が増えて生産性が向上したり、自身で考えて行動するといった人材の成長を促したりするといわれています。
組織内で競争力が高まり、新しいアイディアが生まれる可能性が高まるほか、コミュニケーションが活発になることで連帯感も生まれ、従業員の定着率アップやエンゲージメントの向上も期待できるでしょう。
 

なお、組織活性化の方法は「従業員に対して企業の理念や方針の理解を促し、組織において何に貢献できるのか使命感を持ってもらう」「定期的なミーティングを実施する」「上司と1対1で話し合える機会を提供する」ことなどです。また、健康経営による従業員への健康投資も活力や生産性の向上に寄与し、組織が活性化するとされています。

【参照】

関連用語

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)
健康経営に関する講演・研修の講師をお探しなら「Bring.」
女性活躍推進
福利厚生

人気記事

カテゴライズ

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回

人気のタグ