用語集

保健師

読み:ほけんし

保健師は、保健師助産師看護師法で「保健指導に従事することを業とする者」とあり、乳幼児から高齢者まで幅広い年代の人々を対象に保健指導を行うのが主な仕事です。

保健師は大きく4種類に分けることができます。「行政保健師」は、公務員として市区町村の役所や保健センター、保健所などの公的施設に配属され、地域密着の保健業務を担います。「学校保健師」は、大学や専門学校、一部の私立の中学校や高校などの学校に勤める保健師です。ケガなどの応急処置をするほか、学生からの相談にも応じます。

「病院保健師」は、病院で健康診断や健康相談を行うほか、通常の看護師の仕事と兼務するケースもあります。「産業保健師」は、企業で働く保健師です。職場でのメンタルヘルス不調の未然防止のために一定規模以上の職場で義務付けられているストレスチェックの実施や、その診断結果の通知などの仕事を担っています。

 

【参照】

<監修者>
丁海煌(ちょん・へふぁん)/1988年4月3日生まれ。弁護士/弁護士法人オルビス所属/弁護士登録後、一般民事事件、家事事件、刑事事件等の多種多様な訴訟業務に携わる。2020年からは韓国ソウルの大手ローファームにて、日韓企業間のM&Aや契約書諮問、人事労務に携わり、2022年2月に日本帰国。現在、韓国での知見を活かし、日本企業の韓国進出や韓国企業の日本進出のリーガルサポートや、企業の人事労務問題などを手掛けている。

関連用語

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)
健康経営に関する講演・研修の講師をお探しなら「Bring.」
女性活躍推進
福利厚生

人気記事

カテゴライズ

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回

人気のタグ