用語集

レジリエンス

読み:れじりえんす

レジリエンス(resilience)とは「回復力」「弾力」「復元力」などを意味する言葉です。心理学では「精神的回復力」などと表現され、ビジネスの世界では「困難を乗り越え回復する力」といった意味で使われ注目されています。
 

仕事を進めていく上でストレスを避けることは難しいですが、レジリエンスを高めることでストレスと上手に向き合い、心身の健康を保ちやすくなると言われています。
また、仕事でかかるプレッシャーや失敗してしまった際のショックを成長の糧にすることができるほか、変化にも適応しやすくなるなど、ストレスをプラスの要素に変えることも期待できます。
 

下記は、レジリエンスが高い人の特徴の一例です。
 

<レジリエンスが高い人の特徴>

  • 失敗や困難を前向きに捉え、成長できる傾向がある
  • 自身の強みと弱みを把握し、他者と単純な比較をすることが少ない
  • 多面的な考え方を持っている傾向がある
  • 落ち込んでも気持ちの切り替えが早い傾向がある
  • 自身にも他者にも寛容で、協力関係を築ける傾向がある
  • チャレンジ精神を持っていることが多い

 

なお、こうしたレジリエンスが元々備わっている人もいますが、トレーニングで身に付けることも可能です。従業員のメンタルヘルス対策として、レジリエンスを高めることで健康経営につながることが期待できるでしょう。
 

【おすすめ参考記事】 

関連用語

「レジリエンス」に関する記事

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)
健康経営に関する講演・研修の講師をお探しなら「Bring.」
女性活躍推進
福利厚生

人気記事

カテゴライズ

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回

人気のタグ