用語集

ヘルスプロモーション

読み:へるすぷろもーしょん

ヘルスプロモーション(健康増進)とは、すべての人々が健康的な生活を送ることができるように、個々人だけでなく社会全体で健康を向上させていくという概念です。これは世界保健機関(WHO)が1986年、カナダのオタワで開催した第1回ヘルスプロモーション会議で示された概念であり、健康維持や疾病予防だけでなく、より健康的な生活を営むための社会的な条件や環境改善に重点が置かれている点が特徴です。

ヘルスプロモーションは、「健康な公共政策づくり」「健康を支援する環境づくり」「地域活動の強化」「個人技術の開発」「ヘルスサービスの方向転換」の5つを目標実現のための活動として掲げています。
なお、健康な世界への発展には、強力な政治活動や持続的な唱道(自分から先に立って言うこと)が必要であるため、個々人の努力だけでなく、政策や社会環境といった上流からのアプローチが求められています。世界各国の政府と国際的な団体はもちろん、民間の企業経営においてもヘルスプロモーションの推進は決して無視できない活動となっていくといえるでしょう。

【参照】

関連用語

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)
健康経営に関する講演・研修の講師をお探しなら「Bring.」
女性活躍推進
福利厚生

人気記事

カテゴライズ

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回

人気のタグ