用語集

ヘルスリテラシー

読み:へるすりてらしー

ヘルスリテラシーとは「健康や医療に関するさまざまな情報を入手し、理解・評価して活用する能力」とされます。この力を高めることによって、病気の予防や健康寿命の延伸が叶うとされます。

ヘルスリテラシーとは、単に健康状態に留意し、健康・医療情報を集めることではありません。集めた情報を精査し、正しい情報を選別する能力がヘルスリテラシーの本質です。インターネットで情報を集めやすい現在では、誤った情報も収集しやすいことに注意しなければなりません。

ヘルスリテラシーを高めるには、情報を入手したうえで健康・医療情報を正確に理解し、信頼性を見極めることが重要です。これは、多くの情報のなかから信頼できる情報を見つけ出し、さらに費用や自身の状況、価値観を突き合わせて最適な選択肢へとつなげることです。具体的には「健康維持・促進」「体調不良時の医薬品」「治療法」などのシーンにおいて、最適な選択ができることと考えるといいでしょう。

関連用語

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)
健康経営に関する講演・研修の講師をお探しなら「Bring.」
女性活躍推進
福利厚生

人気記事

カテゴライズ

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回

人気のタグ