用語集

シエスタ制度

読み:しえすたせいど

シエスタ制度とは、就業中の従業員に十分な休息の機会を提供するために、休憩時間を長く設定する制度です。昼休憩を意味するラテン語の「シエスタ」が由来となっています。
企業によって導入の仕方はさまざまですが、休憩時間を一般より長い2~3時間に設定するといった導入方法が一つの例として挙げられます。

休憩時間を長く設定することにより、従業員が十分な休息を取りやすく、低下した集中力の回復や生産性の向上が見込め、従業員の疲労回復や睡眠不足解消にもつながる可能性があるとされています。

シエスタ制度を導入するには増やした休憩時間に合わせて就業時間も伸ばすのが一般的ですが、従業員の拘束時間が増えてしまう点には注意が必要です。社内の状況、従業員の意向も加味して導入を検討する必要があるでしょう。

関連用語

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)
健康経営に関する講演・研修の講師をお探しなら「Bring.」
女性活躍推進
福利厚生

人気記事

カテゴライズ

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回

人気のタグ