用語集

スキルアップ助成金

読み:すきるあっぷじょせいきん

従業員のスキルアップに関して企業が活用できる助成金の一つに、厚生労働省の「産業雇用安定助成金(スキルアップ支援コース)」があります。

これは、在籍型出向(従業員が出向元企業と出向先企業の両方と雇用契約を結び、出向先企業に一定期間継続して勤務すること)により従業員のスキルアップを行い、出向から復帰した際の賃金を「出向前と比較して5%以上」上げた場合に、出向させた側の企業に対して、負担した出向中の賃金の一部を助成するものです。自社にはない新たなスキルを他企業での経験によって習得し、従業員のスキルアップを図ることを目的としています。

産業雇用安定助成金(スキルアップ支援コース)は、企業規模によって助成率が異なり、支給対象となる期間や対象となる出向の内容などには定めがあります。また、出向を実施する際は従業員本人の同意を得なければなりません。また、助成金を受給するためには、出向元企業があらかじめ出向の内容を計画届としてまとめ、事前に都道府県労働局またはハローワークへ届け出る必要があります。

なお、同じく自社の従業員を出向させたときに受け取れる助成金として、「産業雇用安定助成金(雇用維持支援コース)」があります。しかし、こちらは新型コロナウイルス感染症の影響で事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた企業が、従業員の雇用維持を目的として在籍型出向を行うもので、スキルアップを目的としたものではありません。

関連用語

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)

人気記事

人気のタグ

特集

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回