用語集

メンタルヘルスの4つのケア

読み:めんたるへるすの4つのけあ

メンタルヘルスの4つのケアは、厚生労働省による職場における心の健康づくり「労働者の心の健康の保持増進のための指針」の中で、推進する対策として掲げられています。
メンタルヘルスの4つのケアの概要は、それぞれ下記のとおりです。

<メンタルヘルスの4つのケア>
・セルフケア
セルフケアは、従業員自身が取り組むケアのことです。ストレスチェックやヘルスケア研修の結果などを参考に、自身のストレスに気づいてもらい、自身で対処します。

・ライン(指揮命令系統)によるケア
ラインによるケアは、管理職が部下の職場環境やストレスの状態を把握し、相談対応などを行うことです。1on1ミーティングの様子や、従業員満足度調査などを参考にすることが多いでしょう。

・事業場内産業保健スタッフ等によるケア
事業場内産業保健スタッフとは、自社と契約している産業医や衛生管理者、保健師、人事労務課などのスタッフを指します。社内相談窓口を作るなどして、従業員および管理職をサポートし、前述したセルフケアやラインによるケアを牽引します。

・事業場外資源によるケア
事業場外支援によるケアとは、社外の専門家や機関によるケアのことです。

【おすすめ参考記事】

【参照】

関連用語

新着記事

メガメニューを一時的に格納するセクション(削除しないでください)
「健康経営」に関する講演・研修の講師をお探しならBring.
Bring. YouTubeチャンネル
女性活躍推進
福利厚生

人気記事

カテゴライズ

マイナビ健康経営 用語集
マイナビ健康経営 國貞克則先生に聞く「決算書の読み方 初心者向け」全6回

人気のタグ